車のコーティング

キーパーコーティング

timy掲載店舗の中で最も採用されているコーティングで、全国のガソリンスタンドを中心とした8,000以上の店舗にてキーパーコーティングを施工しています。従来のポリシラザン系ガラスコーティングとは異なり、よほど塗装の劣化が進行していない限り、経年車であっても研磨不要で驚きのツヤを出すことができます。キーパーコーティングには費用・耐久期間によってさまざまなメニューがあり、ピュアキーパーなら3ヶ月、クリスタルキーパーなら1年、ダイヤモンドキーパーまたはダブルダイヤキーパーなら3年、ノーメンテナンスでキレイな状態を維持することができます。

キーパーコーティングのメリット

  • ご希望の予算・効果に応じたて豊富なメニューがある
  • 対応している店舗が多い

キーパーコーティングのデメリット

  • 車を預けないといけない場合もある
  • メニューによっては定期的なメンテンナンスが必要
車のコーティングのネット予約ができる近くの店舗を探す

油脂系コーティング

油脂系とは、従来から使われてきたカーワックスのことで、油が水をはじく性質を利用したもので、施行が簡単なことが特徴です。しかしその反面、耐久性、耐熱性などに乏しく、雨などで早く劣化するため、効果の持続期間は約1ヶ月程度。そのためこまめなメンテナンスが必要となります。

油脂系コーティングのメリット

  • 作業が簡単だから手軽に施工できる

油脂系コーティングのデメリット

  • 耐久期間が短い
  • 定期的なメンテンナンスが必要
車のコーティングのネット予約ができる近くの店舗を探す

樹脂系コーティング

ポリマーコーティングとも呼ばれ、シリコンやフッ素を含んだポリマーをボディーの表面に塗布し保護皮膜を作るタイプのコーティング剤です。油脂系コーティングと同様、作業も簡単でツヤのある仕上がりになりますが、劣化しやすいので定期的な洗車が必要です。効果の持続期間は約3ヶ月程度になります。

樹脂系コーティングのメリット

  • 市販製品がたくさんある

樹脂系コーティングのデメリット

  • 油脂系コーティングよりは強度はあるが、定期的なメンテナンスが必要
車のコーティングのネット予約ができる近くの店舗を探す

ガラス系コーティング

ガラスコーティングの繊維に、ほかの成分を混ぜたコーティングのことです。ガラス成分の効果により耐候性、耐熱性が上がり、保護膜の劣化を防いだり、ボディーを傷から守る効果があります。油脂系や樹脂系に比べて性能が高く、効果の持続期間も6ヶ月から1年間程度になります。

ガラス系コーティングのメリット

  • 耐候性・耐熱性に優れ汚れが落ちやすくなる
  • 持続効果が長い

ガラス系コーティングのデメリット

  • 油脂系や樹脂系に比べて費用は高め
  • 車を預ける必要がある
車のコーティングのネット予約ができる近くの店舗を探す

ガラスコーティング

ガラス系コーティングはガラス繊維以外の成分も含まれていますが、ガラスコーティングは100%完全無機質のガラス被膜を形成するコーティングのことをいいます。ガラスの強力な保護膜によってボディを守り、カーコーティングの中で最も性能の高いものになります。効果の持続期間は3~5年くらいになります。

ガラスコーティングのメリット

  • カーコーティングの中で最も高性能
  • ボディを傷から守り持続効果も長い

ガラスコーティングのデメリット

  • 油脂系や樹脂系に比べて費用は高め
  • 車を預ける必要がある
車のコーティングのネット予約ができる近くの店舗を探す