オイル交換

オイル交換をしないまま走行すると故障の原因につながります。車種・走行距離・走行時間からオイル交換の目安時期を確認しましょう。

オイル交換の目安と頻度

エンジンオイルは、「潤滑作用」「密封作用」「冷却作用」「清浄分散作用」「防錆作用」の役割があり、エンジン内を循環し、エンジンの働きを補助するとともに、エンジンを守る役割をしています。古くなったオイルを使い続けると、燃費が悪くなるだけでなく、エンジントラブルの原因になります。車種や走行環境にもよりますが、交換の目安は、3,000~15,000km、あるいは6ヶ月~1年程度に1回とされています。エンジンオイルを交換しないまま走行しているとエンジンの故障原因につながり大掛かりな修理が必要になってくるので適切な時期にエンジンオイルを交換しましょう。

エンジンオイル交換の目安

車種 距離 時間
普通車(ガソリン車) ~15,000km 1年
軽自動車(ガソリン車) ~15,000km 1年
普通車(ターボ車) 3,000km 6ヶ月
軽自動車(ターボ車) 3,000km 6ヶ月
ディーゼル車/ディーゼル(ターボ車) ~10,000km 1年

オイルの種類

timyでは性能や値段によって異なる「ノーマルオイル」「省エネ・高性能オイル」の2種類のオイル交換をご用意しています。ご自身の車の特徴・性能によっておすすめのオイルは異なってきますので、まずはオイル交換ができる専門業者に行って自分の車に合ったオイルを提案してもらうのがよいでしょう。

オイル交換(ノーマルオイル)の
ネット予約ができる
近くの店舗を探す
オイル交換(省エネ・高性能オイル)の
ネット予約ができる
近くの店舗を探す