タイヤ整備

タイヤ交換の目安時期は?タイヤを長持ちさせるには?いざ、パンクした時はどうすればいい?などタイヤに関する情報をご紹介します。

タイヤ交換

適切なタイヤ交換の目安は、タイヤの摩耗の進み具合です。タイヤの溝が1.6mm以下で走行していると道路交通法の違反になるので注意が必要です。タイヤは時間の経過に従って劣化していきます。一般的に、サマータイヤの寿命は最長でも製造から10年程度が目安である、とされています。また、使用開始から5年ほどを目安に店舗スタッフに見てもらうことが望ましいでしょう。

タイヤ交換のネット予約ができる近くの店舗を探す

タイヤのローテーション

タイヤは同じ位置のまま長期間使用していると、前輪と後輪で摩耗の進行具合が違ったり、偏った摩耗(偏摩耗)を起こしてしまいます。とはいえ、交換となると4本分のタイヤ代がかかってしまいます。タイヤのローテーション(位置交換)をすることで均一に摩耗させることができ、タイヤを長持ちさせることができます。ローテーションの目安は5,000km~10,000kmになりますが、摩耗を感じたらすぐにローテーションを行いましょう。

タイヤのローテーションのネット予約ができる近くの店舗を探す

車のパンク修理

パンクの原因は様々で、例えばタイヤ表面に釘やガラス片などが刺さる、タイヤの側面を縁石などでこすってしまった、ホイールリムが変形していたなど多々あります。パンクに気付いたらなるべく早く修理の依頼をしましょう。

車のパンク修理のネット予約できる近くの店舗を探す